なかなか病院へ行く勇気がない!憎きうつ病をノックアウト

ドクターと患者

患者との接し方

ドクター

うつ病の人と接するにはいくつか注意をする点があります。身近な人が弱っていると、励ましているつもりで頑張れなどと声をかけますが、それはうつ病の人にとっては重荷になり逆効果になることもあります。早く良くなってね、頑張って治して一緒に働こうね、という言葉はうつ病患者にとってはあまり良くない言葉です。良かれと思ってかけた言葉はうつ病患者にとっては逆効果の言葉になるので注意をしましょう。このような励ましの言葉は、今まで精いっぱい頑張ってきたのに対して、もっと頑張らないといけないのか、これ以上どう頑張れというのか、頑張れということは、今までの自分には頑張りが足りなかったのか、というようにうつ病患者はネガティブに考えてしまいます。かえって落ち込ませてしまうだけなので、言葉を選ぶ必要があります。例えば、今まで頑張ったね、これからは一緒に頑張ろうね、というように頑張りを認めてあげることが大切です。うつ病患者をサポートするような言葉を付け加えるようにしましょう。うつ病になると、今までできていたことも、できなくなることがあります。前はできていたでしょう、それくらいで落ち込むな、といった言葉はうつ病を悪化させてしまいます。うつ病患者の気持ちをよく理解してあげることが重要です。うつ病患者の中には、暴言やイライラを周囲にぶつけてしまう人もいます。そんなとき見守っている人からしてみれば、言い返したくなることもあるかもしれません。そのときはグッと抑えて冷静になりましょう。もう知らない、勝手にしなさい、いつまでダラダラしているの?といった言葉は厳禁です。今度は職場にうつ病患者がいる場合ですが、うつ病という病気をよく理解し、休みや早退が増えても、その状況を受け止めてあげるようにしましょう。うつ病の人はなりたくて、うつ病になっているわけではありません。きっと辛い気持ちで胸がいっぱいです。頑張りを認めてあげて、なるべく話を聞くスタンスでいると良いでしょう。もし家族がうつ病になってしまったら、特に普段と変わりなく接することが大切です。焦って病気を治そうとすると、精神的に疲れてしまい、家族ぐるみで疲れ果ててしまうことがあるからです。治すというよりは支えて理解している、ということを伝えてあげると良いかもしれません。恋人や友人がうつ病になったら、まずうつ病であることを認めて話をよく聞いてあげるようにしましょう。うつ病患者からしたら、全てを受け止めてくれる人という存在はとても助けになります。