なかなか病院へ行く勇気がない!憎きうつ病をノックアウト

ドクターと患者

うつ病になる人の性格

女性

うつ病になりやすい人の性格には共通点がいくつかあります。自分と共通点が当てはまるなら、うつ症状はないかどうか考えてみてください。もし思い当たる点があれば早めに対策をするようにしましょう。最近ではインターネットが普及しているためSNSなどのトラブルがきっかけで、うつ病を発症してしまう人もいます。職場の環境、家庭環境、人間関係などストレスが溜まる原因は様々あります。落ち込んでいるのに、自分はうつ病じゃない、と考えてしまい、結果症状が悪化してしまうパターンもあります。うつ病になりやすい人の性格は、まずは第一に真面目であるということです。何にでも真面目に取り組むことから、仕事も目標を立て、達成しようと意識高く取り組むことが多いです。その日の仕事がうまくいかないときには、自分を責め、何でミスしたんだろうと考え込んでしまいます。そういう思考からストレスを自ら作り出してしまいます。遊ぶということは、怠けと決める傾向があるので、ストレス発散をするのも上手くありません。次に、自意識過剰の側面を持ち、常に誰かに見られているような気がして、常に緊張してしまいます。自意識過剰というのは、他人を意識した、ファッションやヘアスタイルをすることで美意識を高めることになれば良いのですが、悪い方向へ行くと、自分のファッションやヘアスタイルが変だから人からよく見られるんだ、体の気になるあの部分を見られて悪口を言われているという、被害妄想が沸き起こってしまいます。他には、高い目標をもつ、義務感が強いなどといった性格がゆえに、リーダー職や上司の人は上手にストレス発散をすることが必要です。目標が高い、責任を任されるということは、それだけでストレスを抱えてしまいます。上司がいるけど、部下もいるという間に挟まれるような役職の人は特に注意をしてください。何事も自己責任で背負い込んでしまわないようにしましょう。何事も完璧じゃなくてもいいんです。少しゆったりした気持ちで、働くように意識するだけでも良いでしょう。他には、言いたいことをうまく発言できず、沸き起こる感情や言葉を自分の中で押し潰してしまうことがある人は気を付けてください。衝突を恐れ、相手に合わせてしまうことが多いと思います。相手に合わせるとその場の荒波が立たないのでスムーズに状況は進みますが、ストレスが溜ってしまいます。少しでもいいので自分の感情を素直に表現するようにしましょう。